<   2011年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

イギリスでの楽しみの一つにマーケット巡りがあります。
マーケットと付くものは何でも大好きです。スーパーマーケット、アンティークマーケット、そしてバラマーケットのように週末になると開かれる食材の市場も大好きです。
バラマーケットはハリーポッターにも登場したイギリスの有名な市場です。

e0203050_22383356.jpg

大好きなアーティチョーク。色にも形にも惹かれます

e0203050_22395092.jpg

パプリカやペッパー、色々なビーンズが色鮮やかにディスプレイされています

e0203050_22413873.jpg

ここのマーケットは国内の食材を積極的に取り扱います。あちこちにユニオンジャックが立っています。「Made in U.K.」の印。

e0203050_22432540.jpg

フランス産のパテやワイン、ラベンダーを取り扱うストールも。チーズもスイスやフランスからの物が沢山売っています。味はお墨付き。

e0203050_22462480.jpg

こちらのお店で買ってみた林檎、とても美味しかったです。日本の林檎よりもかなり小ぶりで酸味が強いのが特徴。

e0203050_22475081.jpg

ハーブの苗を扱うお店。ギリシャ人のおじさんが切り盛りしています。

e0203050_2249270.jpg

このおじさん、とても親切でハーブを使ったお料理をいくつか教えて下さいました。
Greek Yoghurtを使ったドレッシングのサラダ、とっても美味しそうだけれどそのヨーグルトはなかなか手に入りません。(帰国後都内のスーパーで発見。でも数千円もしたので断念。)

e0203050_22521920.jpg

中近東のスパイス専門店。お兄さんも濃いお顔です。
見たこともないスパイスがいっぱいでした。ブレンドされたスパイスを購入し、カレー等に使っています。

e0203050_2303336.jpg

いつも混んでいるカフェ、MONMOUTH。

10月のマーケット巡りも良いお天気に恵まれます様に。
by key-jetsetter | 2011-09-30 22:32 | London
イギリスから足をのばしてフランスへ。
お目当ての一つはこれです。

e0203050_8394296.jpg

Repettoのバレーシューズ
こちらはオーダーでカスタマイズした世界に一つだけのRepettoです。


e0203050_8415355.jpg

「今日はこれが良いわよ~」とmintが選んでくれている?

箱にも自分の名前が入っていたり特別感満載。
出来上がりには時間を要するため送って頂けるようにお願いしたところひと月位で届きました。

既製品にももちろん素敵な色がいっぱいあります。
素足好きな私にはぴったりのバレーシューズ。
この夏大活躍でした。
by key-jetsetter | 2011-09-29 08:46 | フランス
秋になると使いたくなるバッグ。10年以上のお付き合い。
色が黒は私にしては珍しいです。
背が低いせいか黒のレザーバッグは重い気がしていました。


e0203050_0322340.jpg

HERMES 黒のオータクロア。

e0203050_034327.jpg

Jack o' lanternのジャックが御愛嬌

オレンジ色を足すだけでカジュアル感が増します。

シンプルな装いにオレンジのストールを巻いて、このバッグを持つのが今の気分です。
汐留にあるコンラッド東京に宿泊しました。
ここはヒルトン系列のホテルですがヒルトンとは全く異なる雰囲気でどちらかと言うと
フォーシーズンズ丸の内やパークハイアット、一部分がペニンシュラに似た趣があります。
今回は宿泊設備とスパの水月、そして夕食にGordon Ramsayを利用しました。

以前アフタヌーンティの利用で訪れたコンラッド。掃除がここまで行き届いているホテルは
珍しく、一度滞在してみたいと思っていました。

e0203050_8223380.jpg

かなり広い作りでエントランスからリビングスペースの眺め
72平米のゆったりとした空間でした

e0203050_8255668.jpg

アクセサリーや時計を収納するスペースが作ってある家具
テレビが二つありその下のDVDなどのプレーヤーもふたをして隠すようになっていました

e0203050_8282336.jpg

ありそうでなさそうな家具のアイデアです
コンラッドはホテルの案内やアメニティなども引き出しに入れたり、そのまま出す事がなく
すべて木製の立派な箱に納められています

e0203050_8301018.jpg

お風呂には大人の風情なガァコがいました

e0203050_8315058.jpg

大人気コンラッドのテディベア
その国々で異なるベアがお出迎えしてくれるようで、コレクターもいるとか

e0203050_8332644.jpg

ベッドにはヘッドボードがなく壁に枝の絵がありそこにかわいらしい鳥がちょこんと
とまっています シンプルで素敵でした

ホテルにありがちな額縁に入った絵が一切ないのは新鮮でした

しかしこのホテル、どこをとっても掃除に抜かりがないのが不思議です
築6年とは思えないほど完ぺきにきれいでした
ここまできれいだと利用する側もマナーを守ると思います

到着後アフタヌーンティをTwenty Eightにて楽しんでそのあとは29階にあるスパ
水月を利用しました。
2時間のコース。施術がとても上手で驚きました。
平日は出張でいらしている外国人の利用が多いと聞きました。
ここを利用すれば疲れも吹き飛ぶ事でしょう。安心して身を任せられるスパです。
by key-jetsetter | 2011-09-27 08:14
イギリスで必ず立ち寄るお店の一つにニールズヤードレメディーズがあります。
ロンドン市内だけでもかなり店舗があり、またWaitroseなどのスーパーでも一部購入可能とあってか、日本よりも安価で買いやすく人々の日常に浸透している気がします。
 前回訪れたこのショップが本店です。

e0203050_228250.jpg

その名の通り、住所が 15Neal's Yardです!

正式な住所は 15Neal's Yard London WC2H9DP U.K
袋小路の「横町」の様な風情のところにお店はあります。

e0203050_22134531.jpg

地上から見上げるとショップの上にはカラフルな鎧戸が。

訪れた日は無料でハンドマッサージを施術します、という日で店員と向かい合い30分強もかけてマッサージをしていただきました。優しい語り口調でお店の事、アロマのコースの事、ご夫婦の事(新婚さんだったようです)、旅行の話等をしてくれて、終わるころにはハンドも気持ちもリフレッシュできました。

e0203050_2218593.jpg


オイルのフルラインアップはもちろん、化粧品、ラヴェンダーなどお紅茶やケーキに入れても安心なオーガニックハーブが種類豊富に売られています。花粉症があるなどその人の症状を聞いて適切なハーブを選んで下さいます。
値段も手ごろでお店を出る時にはいくつもの紙袋を手にしていました。
今月2回目のお料理教室に参加しました。
今回はお友達が参加してみたいという事で彼女のトライアルレッスンに付き添い一緒に参加。
前回とメニューもしつらえも異なるのでまた新たなワクワク感が。

e0203050_21434221.jpg

お花も前回と異なったアレンジでした。マリアージュフレールのピッチャーが素敵

本日のメニュー

~おもてなしは、秋色イタリアンで~
・グリル帆立貝柱と野菜のハーブマリネ
・地鶏とソーセージのローズマリー風味のオーブン焼き
・渡り蟹のトマトソース・リングイネ
・和栗で作るモンブラン風スコップケーキ

まず焼いてから冷ます必要のあるケーキのスポンジから取り掛かりました。

e0203050_2149437.jpg

焼いたスポンジは濡れたふきんをかぶせて休ませます

そのあとは栗の渋皮をとって煮込み、裏ごししたものからマロンペーストとマロンクリームを
作ります

e0203050_2152297.jpg

栗のほかにバニラビーンズや生クリームなどが入っています

結構大変な作業ですが初めての経験なので実際にやってみる事で身に付きます。

そのあとお料理の下ごしらえや調理、またデザートの準備に戻って・・と前後するので少し注意が必要です。

こうして手をかけて出来たお料理はこちら。

e0203050_21562484.jpg

グリル帆立貝柱ト野菜のハーブマリネ

e0203050_21574483.jpg

盛りつけ方がとても素敵でした

e0203050_215982.jpg

渡り蟹のトマトソース・リングイネ

e0203050_22026100.jpg

地鶏とソーセージのローズマリー風味のオーブン焼き

e0203050_2221894.jpg

そしてデザート。和栗のモンブラン風スコップケーキ

どれも大変美味でした!

この後仕事をしにスクールに向かいました。
by key-jetsetter | 2011-09-24 06:15 | お料理
朝から続くレッスンですが手を動かす作業なので立ちっぱなしでも思いのほか疲れません。
途中好きなだけお茶やおやつを・・という先生の言葉に甘え、皆好きな時にお茶コーナーに行っては何かしらgrabして来ます。スクールの設備や先生方とお会いした時もう少し堅苦しいのかな、と勝手に想像していたのでこういうリラックスした雰囲気は大歓迎です。

e0203050_10232583.jpg

みなさん楽しそう

e0203050_10244821.jpg

作品を並べて先生が一つ一つコメントをしてくださいます。

e0203050_102689.jpg



e0203050_10265077.jpg


e0203050_10273663.jpg

こうやって自分の作品を外に持ち出し撮影することも

一日に3作品作るのでホテルの部屋は花でいっぱいになります。
e0203050_10321223.jpg


この日は校長先生に「あなたの色使いや作品は私のテイストに似ている」とお誉めの言葉をいただき、有頂天になって帰りました。
by key-jetsetter | 2011-09-23 06:12 | お花
今回は今一押しの可愛いビスケットBISCUITEERSをご紹介します。

e0203050_12151152.jpg

可愛くてどこか懐かしい感じのブリキの缶 
何が出てくるかな?


ブリキの缶には可愛い絵が。
この時点でかなり期待しちゃいます。

e0203050_12175698.jpg

サイドはお店のイラストが。おそらくこのBISUITEERSのお店なのでしょう

e0203050_12191912.jpg

ラブリーな猫の横にはウェディングケーキのようなイラストがちらり

e0203050_12204974.jpg

かわいいティーセットとスイーツの形にアイシングを施したビッキーが登場

e0203050_12222720.jpg


e0203050_1223721.jpg

どれもこれもたまりません!

e0203050_1224174.jpg

3シリーズが一つの缶にずれないようにアイシングで留めてきれいに入っていました。

e0203050_1225225.jpg

偶然似たようなティーセットを持っていたので一緒にぱちり

e0203050_12262174.jpg

ハロッズやリバティなど有名百貨店でも購入可能です。
イベントや季節に合わせて新作が続々登場します。
缶を集めるだけでも素敵ですね。
沢山のお花や花材に囲まれて幸せな時をすごせるフラワーマーケット。
訪れた時は晴天に恵まれました。冬にも行きましたがその日は思ったよりも暖かい日でしたので底冷えまではいきませんでした。
なぜか働いている方のほとんどが男性です。不思議に思っていたのですが労働時間も長く冬などは底冷えのする市場内での勤務は相当きついそうです。それでも明るく誇りを持って働いている姿には尊敬の念を抱きます。

e0203050_18594290.jpg

校長先生がその日に使う花や葉をどんどん選んでいきます。買ったものはこのままワゴンへ

e0203050_192173.jpg

きれいな実ものもたくさん選んでいました

e0203050_1932010.jpg

買ったばかりの花材はすぐにスクールに届けられ先生のデモンストレーションが始まります

e0203050_1952956.jpg

リースの基本をレクチャー。先生ちょっと誇らしげ?

e0203050_1972745.jpg

説明を基に自分で作品を仕上げていきます。同じ様に真似た作品はつまらないのでオリジナリティを出すようにしなければいけません
難しい・・でもまだまだレッスンは始まったばかりです。
by key-jetsetter | 2011-09-21 06:15 | お花
ロンドンでフラワーレッスンに参加すると校長先生が引率して花市場に連れて行って下さいます。
朝6時半集合!なんていうこともざらにあり、土地勘がない私はひやひやします。
早朝なので決まってタクシーを利用するのですがタクシーの運転手さんでさえも意外とこの花市場の場所をご存じなかったりします。ロンドンタクシーの運転手さんはナビや地図がなくてもどこでもきちんと連れて行ってくれるのでこの場所を知らないという事はよほど需要がないのだと思います。
Vauxhall駅で待ち合わせです。
e0203050_23491455.jpg

こちらは最寄りの駅。スタバはこの駅の近くにあります

e0203050_23513878.jpg

朝の駅の風景。少し経つと通勤ラッシュが始まります

e0203050_2356586.jpg

花市場へ。色でお花を分けて売っている業者さん、種類で分けている業者さん、数種だけ専門に扱う業者等、色々特色があります

e0203050_23595122.jpg

大好きなニゲラ

e0203050_02024.jpg

色付けされたお花

e0203050_04163.jpg

渋めの店構えですが4代続いている「葉物専門のお店」でスクールの校長先生が一目置いている業者さんです

e0203050_06468.jpg

同級生も真剣に葉物を物色中

朝早いにも関わらず皆ハイテンション。
お花大好きなガールズが集まったら一日では足りないくらい。
ドイツ、スイス、韓国などからも参加している同級生たちとお喋りしながらの見学は楽しくてまだまだ続きます。
by key-jetsetter | 2011-09-20 06:15 | お花