<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

久々の投稿です。
愛犬ジャックが一時危篤状態となり、突然の事で驚きました。呼吸が苦しそうで肺や心臓の周りにも
水が沢山貯まっていて今にも息を引き取りそうだったのですが、突然の復活!
なぜ元気が出てきたのかわからないのですが、肺炎をこじらせていたのでは、という見解です。
まだまだ様子見が必要ですが、とりあえず良かったです!

 さて、タイトルに話題を戻し・・・
ロンドンでの朝食は基本はホテルでとります。コノートホテルの朝食は天下一品!
特にデニッシュやバゲット、クロワッサンなどが美味!スムージーやワッフル、フレンチトーストなども
絶品!
ただ、1週間以上滞在していると、たまには他のものも食べてみたくなります。
そんな時に大活躍なのがPoilaneです。
 姉曰く、パリのPoilaneはいつも混んでいてお店も暗いイメージ、落ち着いて食事なんてとれない、との
話しでしたが、ロンドンはお店も可愛くっておすすめです。
場所柄お客さんもおしゃれなマダムやしつけのいき届いた子供や犬!が多く、雰囲気が良いのです。

e0203050_1214034.jpg

Slone Square付近にあるのですが、どのタクシードライバーも必ず迷います!
番地の付け方が一定でないためわからない!との事。
入口はこじんまりしたつくり。

e0203050_1233458.jpg

この時はこのカボチャ?があちこちのテーブルにディスプレイされていました。

e0203050_1243220.jpg

娘のネイルも同じような色だったので一枚パチリ!

e0203050_1252496.jpg

タルティーヌ!
大好き!チキンとケッパーの相性が最高です。

e0203050_127544.jpg

プロシュートのタルティーヌ
塩気が強いですがこれも美味しかった

e0203050_128034.jpg

ツナのタルティーヌ

e0203050_1283819.jpg

クリスマス時期だったのでお店のツリーにはサブレがデコレーションされていました。
お店の人が「ちょくちょくサブレが食べられちゃうの」と言って、なくなってしまったサブレのひもを、
ハサミで切って処分していました。食いしん坊が食べちゃうのかな。

フランス語がスタッフ間で飛び交い、ちょっとフランス気分も味わえるお得なお店です。
by key-jetsetter | 2012-12-30 01:32 | London
ロンドンでは時間を見つけて必ず立ち寄るリバティストア。
洋服も見て楽しいのですが、とりわけキッチン用品や雑貨、ヴィンテージ品などに好みのものが多くあります。
今回はクリスマス前だったので沢山可愛いオーナメントを見かけました!

e0203050_0323376.jpg

色で分かれているオーナメントの売り場
赤はチェック柄が多かったです

e0203050_0333983.jpg

こちらはパープルのコーナーの一角にあったリバティのロゴ入りオーナメント
数年前に購入したものと同じだったのでおそらく毎年の定番商品だと思われます

e0203050_034305.jpg

心を奪われてしまった犬のオーナメント達!
可愛すぎます!

e0203050_0353356.jpg


e0203050_0363967.jpg



e0203050_0371588.jpg

これはロンドンのオーナメント

e0203050_0375787.jpg



e0203050_0382821.jpg

e0203050_039128.jpg

何気に可愛かったのがこちらのオーナメント!

どれもこれも素敵でした!

テレビではmichael bubleがクリスマスショーをやっていたりして、クリスマス一色でした!
具合が悪かった割には結構クリスマスムードを満喫していたようだ、と画像を見たりして後から思いました。
欲張りな私です。
今日のフライトでイギリスより帰国しました。
どこの町もクリスマス前のお買いもので大混雑!
道は渋滞、お店は大混雑、美容院などもかなり忙しそうでした。
クリスマスとお正月・・時期が異なるだけで皆さんすることは一緒なんだなあ、と感じました。

今回は所用を済ませるのが目的の渡英でした。
その間体調を崩してホテルで寝ていた日もあったり、家族が風邪をひき、初めてドクターに往診を頼んだりと、色々あった旅行でしたが、何事も経験!とはこのことで、今後保険を使っての対処方法などは自信を持って
対応出来ます。
在英歴11年の優しいドクターとも知り合いになれ、悪いことばかりではなかった気がします。

さて、前置きが長くなりました。

以前からアメリカ映画のクリスマスシーンに、お父さんが大きなモミの木を買って、よいしょよいしょ、という
感じで家まで持って帰るシーンを見てリアルなモミの木に憧れていました。
ここ日本でも最近は市販されていますが、それでも大きな背丈のものはなかなか入手困難。
いくら車で買いに行くと言っても、どうやって持って帰っているのかしら??と疑問に思っていましたが、
今回その謎を解く現場に立ち会いました!

ではその手順を大公開!

e0203050_23175529.jpg

何やら怪しい機械登場
ここに購入したい木を入れます

e0203050_2313545.jpg

枝を折らずにするするするっと・・・

e0203050_23142825.jpg

するするするっと木が吸い込まれ・・

e0203050_23182288.jpg

ハイ出来上がり!

上から下までネットに覆われた運びやすいモミの木に大変身!

ロンドンの人はこれを手で持って帰っていました(汗)
あとでタクシーでも拾うのでしょうか?
tubeには乗らないとは思いますが・・・彼らのする事なので、もしかして・・・ありかも。

ものの20秒位で仕上げてましたがかなりの重労働でした。
小人みたいな格好のおじさん、結構熟練者とみました。

こんなのを見学していたのは地元のおやじと私だけ(笑)
野次馬おやじの間からシャッターを切るのは大変でした!
by key-jetsetter | 2012-12-17 23:25 | U.K.
少し前になりますが・・
オーダーをしたことすら忘れかけていたバーキンが届きました!

e0203050_1044973.jpg

3色の構成
二本入ったリザードのラインがカジュアルで好きです

あさってからの旅行に持っていきたいところですが不便なので却下!
イギリスの女性はお買い物時でもバーキンを持っています。腕力強いのかしら・・・
ケリーはほとんど見かけません。なぜか殆どが黒のバーキン!

私は旅行時は決まって濃いグレーのソフトケリーです
すべて収納出来てガンガン使えて、服を選ばないから凄く楽です

もう少し腕力を付け、いつの日かイギリスバーキンデビューしたいです!
我が家にいる3頭のわんこたち。
その中でもやんちゃ過ぎるのが黒ラブのJAZZ。かなりのイケメン犬です。
今日は目の手術で一日いなかったので、相棒のJACKはポメのMINTと一緒にお留守番。
近所のお友達犬とお散歩に行ったり、家の中でぬくぬくお昼寝をしたり、ゆっくりした時間が流れていました。

JAZZを迎えに行きがてら、いつもお世話になっているお店に寄りました。
トリミングを始め、留守中の預かりや餌のオーダーまで、我が家にはなくてはならないお店です。

JACkとの貴重なショットです。
10歳を過ぎ、高齢犬となっていますが、一日一日を楽しく過ごしてほしいです。

e0203050_2359166.jpg

いつも穏やかで手のかからない子です。
by key-jetsetter | 2012-12-07 00:00 | その他
先日少し早目の忘年会をしました
今年は英会話のスクールを立ち上げてから10年が経ちます。
思い返すと小規模ながらも色々な出来事があり、楽しく充実した日々もあれば、もうクローズしてしまいたい、と思うような出来事もありました。
私は友人や家族に仕事の話を殆どしないので悩みなどないと思っている人も多いでしょう。
人並みにあります。

今回の忘年会は具合の悪いスタッフもいて全員参加ではなかったのですが、外国人スタッフから
心温まる感謝のスピーチをいただいたり、少し酔った日本人スタッフから涙を流しながら(笑)
素敵なことばを掛けてもらったりと、お酒の力を少し借りなくては言えないような言葉を頂戴しました。
(ちなみに私は一滴も飲めないので、すべて覚えています)

今仕事も順調でスタッフ同士の関係もとても良く、皆が気持ちよく働いています。
その環境を皆で作れている事が嬉しく思います。

冬はなんとひと月の冬休みとなり!それぞれ旅行等を楽しみます。

いつもありがとう。

そんな気持ちになった忘年会でした

e0203050_04851100.jpg

by key-jetsetter | 2012-12-04 00:51 | その他